パーツの特徴として、 良く言えば万人受けし易いパーツが多く、悪く言えばあまり個性が出るパーツが無い、と言えます。 エンジンをかけると「ボッボッボッ」と逞しいアイドリング音。

5
【定員外乗車違反】 反則金:原付5000円、二輪車6000円、普通(軽)自動車6000円 違反点数:1点 【道路交通法第 57条】 車両(軽車両を除く)の運転者は、当該車両について政令で定める乗車人員又は積載物の重量、大きさ若しくは積載の方法(以下この条において「積載重量等」という。 定番のカスタムとして、グロムのタンデムステップ周りをモンキー125に加工し、流用することもできるようです。

ただし、第55条 第1項ただし書の規定により、又は前条第2項の規定による許可を受けて貨物自動車の荷台に乗車させる場合にあっては、当該制限を超える乗車をさせて運転することができる。

7
ただし、すべての原付2種(125ccを超える中型&大型バイクを含む)が、タンデム(2人乗り)できるわけではない。 まずブレーキは前後ともディスクブレーキを装備。

純正採用されているタイヤはモンキー 125 の生産国、タイのタイヤメーカーであるビーラバー製です。 元々の高剛性に加えスタビライザーを装備するなどまさにレーシングスペック。

|MotorFan[モーターファン] … モンキー125 カスタム タンデム. いわゆる一般的なスポーツバイクが目指す乗り味に即した走行フィーリングで、それこそジムカーナごっこだって楽しめるほどの攻めたライディングが可能だ。

強度と軽量化のバランスを図ったオリジナルY字スポークデザインで、見た目の軽快感と軽量化を実現。

政府認証マフラー。 そこで今度は、50㏄の先代モンキーに乗ってみると合点がいくとともに思わずニンマリ。

スクリーン追加• 積載量に優れた、頑丈なパイプフレームの大型キャリアを前後に装備。

18
モンキー125を試乗したあとにグロムに乗ってみれば、グロムの方が車体がカッチリした硬質感のある乗り味で、かなりスポーティに感じる。

開発が行なわれたのはタイ。 5kg前後となっている(下記参照)。 モンキー125開発責任者の新出安男さん(左)と、現地タイの開発スタッフのナーワー・フォンミーさん。

4
タンデムできるのは、「乗車定員=2名」のモデルに限られる。

上記3点のないモデルは、たとえ110ccでも125ccでも、400ccでも1000ccでも、排気量の大小に関わらず、2人乗り走行が認められていない。 事故の際の保険の適用等は個別の判断になりそうですが・・・ 情報が少ないですがモノ的にはグロムのステップ どの年式でも可 とピボットシャフト モンキー用より若干長い を用意すれば加工なしのポン付けできます。

20
タンク容量は5. 2kg。 インジェクションシステムに、 PGM-FIを採用しています。

二人乗りに必要なものは後ろに乗る人が足を乗せるタンデムステップと手で掴むタンデムベルトです。 音量91db エンドバッフル標準装備で86db)。 サイドの 倒立フォークが、フロント部分の印象を引き締めていて良いバランスです。

5
サイズ感としてはグロムとほぼ同じとなっています。 同時に発表されたスーパーカブC125もグロムベースと思われるが、そちらはカブの伝統に従って遠心クラッチを装着している。