軟着陸に成功すれば、米国に続き世界で2カ国目となる。 NASAのスタッフたちは着陸の瞬間に歓喜の拍手。 制天権の獲得 中国が急ピッチで宇宙開発を進めるのは、民生だけでなく、軍事活用の狙いがあります。

9
防衛研究所の報告書をもとに中国の宇宙開発の歴史をたどっておきましょう。

今月初めに月の背面に着陸した嫦娥4号が大きな注目を集めたとする一方、中国政府系メディアが「人類による月探査における新たな一ページを開いた」などと断片的に伝える以外は、このプロジェクトに対する情報の多くは秘密のベールに包まれている状況であるとした。

9
そして、ネット上では「はやぶさ2」が6年かけて3億キロ離れた小惑星を往復し、サンプルを地球に送り届けたことで、日本の宇宙探査技術が中国をはるかに上回っているとの声が出始めたと紹介した上で、「これはあまりにも大げさな話だ」と指摘。 国営中央テレビが伝えました。

中国国家宇宙局は、先月24日に打ち上げ、今月1日に月面に着陸した無人探査機「嫦娥5号」が月で採取した岩石などのサンプルを収めたカプセルが17日未明、内陸部の内モンゴル自治区に着地したと発表しました。 日本にも火星衛星探査計画(MMX)があり、これはフランスとドイツと協力し火星の衛星を観測し地表サンプルを採取して地球に戻ってくるミッションで、2024年の打ち上げと2029年の帰還を目指している。 中国はまた、月への飛行に使える新型の有人宇宙船の開発も進めており、さらにまもなく大型の宇宙ステーション「天宮」の建造と、中国人宇宙飛行士の長期滞在も始まることから、将来的には有人月探査を行うことも狙っているとみられる。

6
嫦娥5号は月の岩石や土壌を採取し、月の起源や形成、月面の火山活動についての研究に役立てることを目指している。 23日、中国海南省の文昌発射場から打ち上げられる、火星探査機「天問1号」を載せたロケット「長征5号」(EPA時事) 【北京時事】中国が初めて火星への着陸を目指す無人探査機「天問1号」を載せた大型ロケット「長征5号」が23日午後0時41分(日本時間同1時41分)、海南省の文昌発射場から打ち上げられた。

宇宙科学分野の最先端にいるアメリカやロシアも成し遂げられなかった快挙だ。 火星が地球に近づくタイミングに合わせ、今月20日には、アラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機「HOPE」が鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げに成功。 中国による月面着陸は紛れもなく科学的な成果」と引退したNASAの宇宙飛行士マーク・ケリー(Mark Kelly)氏は1月4日(現地時間)、。

11
7月30日に打ち上げられて以来7か月、「忍耐」という意味のパーシビアンスが地球から約5600キロ離れたマイナス130度の火星で、地表の岩石などを採取するミッションを行っていく。 中国は19年1月に世界で初めて月の裏側に無人探査機を着陸させるなど、「軍民融合」で宇宙開発を加速している。

「北斗」は自動運転などに利用される一方、ミサイルの誘導など軍事面への応用と一体で開発が進められてきたと指摘されています。

6
水が見つかれば、水に含まれる水素をロケット燃料にしたり、月に滞在する宇宙飛行士の飲料にしたりできる可能性がある。 今回の「嫦娥5号」は「月の表面からサンプルを持ち帰る」という、第3段階の一環で、今後も無人探査機を打ち上げて、水が氷の状態で存在する可能性があると指摘されている月の南極の表面のサンプルを持ち帰る計画があるほか、月の有人探査や月面基地の建設にも意欲を示しています。

中国の、そして人類の太陽系探査は新たな幕開けを迎えた。 中国の「嫦娥4号」は、電波を中継する通信衛星を打ち上げることで、この問題を解決した。

中国国家航天局は2020年12月17日、月の試料が入った探査機「嫦娥五号」のカプセルが、予定どおり内モンゴル自治区の草原地帯に着陸したと発表した。

後半は嫦娥5号についてのアニメーション、CCTVが1日提供。 NASAの日本人エンジニア「中国は失敗を必要以上に恐れない姿勢」 NASA=アメリカ航空宇宙局のジェット推進研究所で、火星の表面を探査する車両の開発に関わっている日本人エンジニアの大丸拓郎さんは「月に着陸し、サンプルの採取を完了して、そこからロケットで打ち上げるまでが、かなり速かったというのが特徴として挙げられる」と指摘しています。

16
火星の地質構造や水の分布などを調査する計画だ。